ホーム > 生前贈与について
生前贈与について 生前贈与とは被相続人が死亡する前に自身の意思で相続人等に財産を渡すことを言い、被相続人が死亡すると相続人が財産を譲り受ける通常相続とは区別されます。
これにより、自分が死んだときに子供の一人や配偶者が相続によって自分の財産を受け取ることを防ぐことができます。 また自分の子供や配偶者へ贈与することにより、自分が死んだときに支払わなければいけない相続税を、少しでも抑えるためにも利用されます。
ただし、何も手続きをせずに生前贈与をしてしまうと、相続税よりも税率の高い贈与税を支払わなければいけなくなります。そのため高い贈与税の支払いを防ぐために、贈与税が非課税となる制度や、贈与の税率が軽減される制度を利用するのが一般的です。
 
1.譲りたい方に、譲りたい物を確実に譲ることができる(相続時の紛争の予防)
2.相続の場合と異なり、自分の贈与した物が、どのように利用されるかを確かめることができる。
3.贈与の方法によっては、相続税対策となる。

しかし、贈与をお考えの方にとって、気になるのは贈与税を中心とした税金が重くかかるのではないかということでしょう。
たとえば、何ら特例を利用せずに、1500万円を贈与した場合、贈与を受けた方が負担する贈与税は500万円以上にもなります。
さらに、贈与の額が大きくなればなるほど、贈与税率は上がっていくシステムになります。
一方、贈与税には、様々な特例が定められており、それらの特例に当てはまる贈与をすることによって贈与税や相続税を節約することができます。
そのため、贈与で失敗しないためには、前提として様々な要素を検討していく必要があります。

年間110万円超の贈与を受けると課税される 贈与税は、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた金額が110万円を超えると課税されます(暦年課税)。
つまり、贈与税の基礎控除額が110万円となっているので、贈与を受けた金額が110万円以下の場合は、その年の贈与税は“0”となります。
110万円を超えた場合は、課税価格から贈与税の基礎控除110万円を差し引いた額に贈与税の税率をかけると、納付すべき贈与税が算出できます。
ただし、贈与する財産が不動産や非上場株という場合には、この計算の基礎になる課税価格の算出がむずかしいので注意が必要です。
 

夫婦間で居住用の不動産を贈与する場合、「贈与税の配偶者控除」という特別な制度があります。
この制度は、夫婦間で居住財産を贈与する場合2,000万円の配偶者控除と110万円の基礎控除額、あわせて2,110万円までは非課税になるというものです。

この特例の適用を受けるには、以下の条件をクリアしていることが必要になります。





これらの条件をすべて満たしている場合、必要書類を添えて税務署長に贈与税の申告書を提出することによって、この特例の適用を受けることができます。

この制度を利用することによって、生前に相続財産を配偶者に贈与することができるので、相続税が課税されそうな人は、この特例を適用することにより相続対策をすることができます。

この制度の活用

評価額5,000万円の土地に住んでいる場合、生前に持ち分の5分の2(2,000万円分)を贈与すれば、贈与税を課税されることなく財産をへらすことができます。

土地5,000万円全部に相続税がかかる → 贈与税の配偶者控除を利用しない場合

残りの持ち分の3,000万円に相続税がかかる → 贈与税の配偶者控除を利用した場合

※この特例の適用を受けて贈与を行う場合には、登録免許税、不動産取得税がかかるので、それらについて考慮してもなお相続税の減税効果があることを、事前に相続税の試算で確認してください。

奈良県橿原市を中心に、奈良県全域、 大阪府などで対応させていただいております。 まずはお気軽にご相談ください。

新着情報

一覧を見る

2013/01/15

奈良県橿原市を中心に、奈良県全域、大阪府などで対応させていただいております。 宜しくお願い致します。

2013/01/07

実績豊富な税理士が、相続税の支援・対策を全力でバックアップします! まずは、お気軽にお電話にてご相談下さい!

アクセス

〒634-0027
奈良県橿原市高殿町259-1
営業時間 9:00〜17:00

アクセス詳細はこちら お問い合わせはこちら