ホーム > セカンドピニオン相談

セカンドピニオン相談

セカンドピニオンとは セカンド・オピニオンは、直訳すれば、第二の意見ということです。
医療の世界では、自分の担当医以外の医師に、セカンド・オピニオンとしての診断をしてもらい、意見を聞く、という方が増えてきています。
税理士としてのセカンド・オピニオンは、「顧問税理士を変える」ことではありません。
現在の顧問税理士との良好な関係を保ちながら、複数の税理士・公認会計士の意見を聞くことです。
会計・税務において、毎年めまぐるしく行われる法改正にいかにスピーディーに対応できるかが重要です。

また、同じ税理士に依頼するのでも、記帳と申告だけの税理士事務所もあれば、月次決算について詳細な説明・報告をする税理士事務所もあり、さらには、経営や資金繰りに関するアドバイスも、月額顧問料の範囲内で提供している事務所もあります。
このように、税理士や会計事務所によって、お客様への対応、サービスの質に大きな差が生まれているのが現状です。
顧問税理士に聞きにくいこと、第三者的な意見が聞きたいことなどございましたら是非ご相談ください。
税務、会計、経営に関することについて、最善 と考えられる有用なアドバイスを行わせて頂きます。
 


すでに相続税申告書を提出している方でも法定申告期限から5年以内であれば、その申告内容(特に土地の評価)を見直すことにより相続税の還付を受けることができる可能性があります。
相続税の申告は土地の評価を中心に細かい評価方法のルールが多く存在し、 通達の変更や追加があります。通達の変更や追加に対して、通達が使えるかどうかの判定や通達で判断できない土地についてどう評価するのかにノウハウが必要 となります。申告に際し、多くの経験がないと財産評価をする際に、通達の変更や追加が反映されず、高い評価額となってしまっていることがあります。





奈良県橿原市を中心に、奈良県全域、 大阪府などで対応させていただいております。 まずはお気軽にご相談ください。

新着情報

一覧を見る

2013/01/15

奈良県橿原市を中心に、奈良県全域、大阪府などで対応させていただいております。 宜しくお願い致します。

2013/01/07

実績豊富な税理士が、相続税の支援・対策を全力でバックアップします! まずは、お気軽にお電話にてご相談下さい!

アクセス

〒634-0027
奈良県橿原市高殿町259-1
営業時間 9:00〜17:00

アクセス詳細はこちら お問い合わせはこちら